サイトメニュー

うつ病を治したい

カウンセリング

知っておきたいことや選び方

人間は、雪になる時気分からおかしくなることが多いです。例えば、精神的におかしい場合には発熱や頭痛になることも少なくないでしょう。特に、うつ病になっている場合は、精神的な問題からスタートすることがほとんどです。場合によって、手術をしたことによるうつ病が発生することもありますが、そうでなければやはり精神的なものがきっかけで病気になるでしょう。うつ病の場合は、様々な病状が考えられますがその中でも何にも興味がわかない状態に陥ることも少なくありません。もし、何にも興味がわかない状態に陥ってしまった場合には、行動することすら億劫になってしまうでしょう。つまり、今まで会社に行っていた場合や学校に行っていた場合も積極的に行こうとしなくなります。また、趣味の集まりなどもバカバカしいと考えることも多く、家から出なくなってしまうことも少なくありません。このように、何にも興味を持てない状態に陥った場合にはそのままの状態を維持すればするほど悪い状態にはまってしまいます。この時、自分で治す方法が全くないわけではありません。もともと、うつ病などの精神的な病気は、自律神経に問題があることが少なくありません。例えば、普段の生活のバランスが欠けたり、人から嫌がらせを受け続けたりするような場合には、自律神経のバランスが崩れて精神的におかしくなってしまいうつ病に発展するわけです。このような状態に陥ったときは、すぐにでも自律神経のバランスを整える準備が必要になります。自律神経のバランスを整えるためには、セロトニンをうまく分泌させることが解決策の1つにつながるわけです。

何にも興味がわかない状態の場合には、朝日などを浴びるようにすればセロトニンが分泌され解決する可能性が高くなります。しかし、自分で努力をしてみてもなかなか結果が出ない場合や周りの家族などが積極的に協力しても結果が出ない場合には精神科や心療内科に行った方が良いかもしれません。何にも興味がわかない状態は、軽度の場合には自力で治すことができますがそうでない場合にはやはりプロの力を借りなければ直すことができないわけです。この時、どのように心療内科や精神科を選ぶかが重要になってきます。心療内科や精神科を選ぶ場合のポイントの1つは、対話を大事にしてくれるかどうかで判断をするのが良いかもしれません。例えば、最近は投薬治療などが流行していますので、薬で一時的に精神状態を安定させようとする人もいます。確かに、薬を使うことで精神科や心療内科に通って良かったと感じることが多いでしょう。しかし、根本的な解決には至っていないことがほとんどです。そうだとすれば、可能な限り投薬治療のみにこだわるのではなく大和などをすることにより患者自身が自分の病状につくように仕向けることが必要です。特に、医者やカウンセラーの中でも上手な人は、相手から様々な感情を引っ張り出すことを得意としています。これにより、患者自身も新たな気づきが生まれ、最終的にうつ病の状態から脱することができるようになるでしょう。そのためには時間がかかりますが、継続して患者のために付き合ってくれるような医者やカウンセラーがいるところを選ぶのが1番良い結果が出るといえます。

Copyright© 2019 気軽にカウンセリングを受けることができる All Rights Reserved.